ビジネスローンの特徴と利用方法

ビジネスローンはお金の使い道を事業目的にしたローンです。このローンも無担保で利用できますが、金利は個人を対象としたものと比べて低いということはなく、ノンバンクのビジネスローンであれば限度額が少額の場合は法定金利の上限である18%の場合もあるため、利息の負担が楽になる性質のものではありません。

 

利用する場合には金利の低さと審査の柔軟さ、融資までの期間のどれを優先するかで借り先が変わります。時間に余裕があり、事業実績も十分で黒字経営ができているのであれば銀行のビジネスローンを利用すると良いでしょう。書類の数が多いので手間はかかりますが、金利を抑えられます。

 

銀行は融資までに時間がかかることが多いので、赤字経営などで審査に落ちる懸念があったり、時間の余裕がない場合にはノンバンクを利用します。金利は高いですが審査の柔軟さがあり、そもそも必要なタイミングまでに融資を受けられないと意味がないので、状況によっては非常に便利な借り先です。

 

ただし、ノンバンクのビジネスローンの中には闇金融もあるため、申し込みの前に正規の金融機関であるか確認が必要です。他社の名称を騙っていることもあるため、登録されているかだけでなく代表者や所在地、連絡先等の情報に相違がないか調べましょう。

ビジネスローンについてご存じですか

ビジネスローンという言葉を聞いたことはありますか。ビジネスローンとは、経営者や個人事業者だけを対象としたローンの一種のことです。

 

普通のカードローンは、ギャンブルや投資・事業目的の利用ができません。ビジネスローンには、有担保ローンと保証人や担保が不要の無担保ローンの2種類があり、有担保ローンは、低金利で多額の資金を用意したい時に便利で、無担保ローンは、不動産がない個人事業主でも審査が通れば融資を受けられますが、有担保や銀行の融資と比べ、金利が高かったり融資額が少なくなっていることが多いです。

 

銀行からの融資を受ける場合、たくさんの資料を用意して、それを元に企業の財務状況や経営状況を審査しますが、ビジネスローンは細かい審査を行わない場合が多いので融資に比べ審査は厳しくありません。スコアリングシステムという、統計的なデータを基に融資を希望する人の信用度をスコア化して融資の可否を決める方法を審査方法として採用している金融機関が多いようです。

 

この他にも、最短で即日に融資を受けられる・経費として利息を計上できる・総量規制の対象外・追加融資が簡単などの良い点があります。銀行の融資を受けられなかった人やすぐにお金を借りたい人にオススメです。

会社経営者の借入について

会社を経営していると事業用資金が必要になるため、金融機関から借り入れを行うのが一般的です。通常付き合いのある銀行から借入をするのが一般的ですが、融資をうけられるかは会社の経営状況によっても異なります。順調に売り上げを伸ばし収入が右肩上がりの場合には借入の申し込みをしなくても金融機関の側から融資をさせてほしいとオファーがあるほどです。

 

しかし、経営状況があまりよくない場合は借入額が膨らみ、返済が滞りがちな場合には融資をうけられないケースもあります。金融業者は儲かっている会社には返済を終えていなくても融資をしてもらえるケースは多々ありますが、それは経営状況によって大きく異なります。

 

会社を経営していると、付き合いのある銀行は数社あるのが一般的です。懇意にしている金融機関であれば多少融通をきかせてもらえる場合も少なくありませんので、あまり儲かっていない状況でも今後の事業計画書などを提示することで多少融通をきかせてもらえることもありますので、書類を作成して相談してみるのも一つの方法です。しかし、返済には金利が発生しますので融資をうける時には計画性を持った依頼をすることが重要ですし、ビジネスのマナーと言えるでしょう。

参考サイト

  • ビジネスローンとは

    事業をするにあたり、ビジネスローンを上手に活用するための方法を紹介しています。

  •  

  • 無担保のビジネスローン

    無担保・保証人不要で申し込みできるビジネスローンに関する体験談を紹介しています。